アルミ缶をリサイクルすることでその他の資源も守ることが出来ます

- アルミ缶の上にはエコがある!

アルミ缶の上にはエコがある!

のどが渇いたら自動販売機にある飲み物を飲もうと考える方は多いでしょう。
自動販売機で売られている飲み物はたくさんあります。
ジュースやお茶、コーヒーにお水など様々です。
考えてみますとこれらにつきものなのが入れ物です。
入れ物にもたくさんの種類があり、アルミ缶やスチール缶、ペットボトルなど様々です。
さて、これらをどうやって処分しましょう。

ジュースを飲んだらどうする?

ジュースを飲んだら空き缶にしろペットボトルにしろ何らかの方法で処分しなければなりません。
外で飲んだとしたらくずかごの中に捨てる、家の中ならばある程度たまるまでためておいて不要品回収に出してしまうことが主流です。
特にアルミ缶はジュースだけではなく仕事が終わった後に飲むビールにも使われていることから、毎日大量に排出しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ペットボトルと同様、アルミ缶を捨てるときには必ずつぶしてから袋の中に入れましょう。
時々「アルミ缶はつぶしてもつぶさなくても変わらない」という声がありますが、アルミ缶はつぶしておけば袋の中にたくさん入ります。
つぶさずに入れてしまうと、ゴミ出しには問題ありませんが大量にゴミ袋を使ってしまいあまり経済的とはいえません。
最近は足や手を使わずとも、簡単な器具でつぶすことができる製品も売られていますから試してみてはいかがでしょうか。

捨てれば街は汚れる

一方外で飲んだアルミ缶は町中に放置されていると言うことが多々あります。
心ない輩によって置き去りにされたアルミ缶は、若干寂しさを感じることがありますね。
アルミ缶は町中に捨ててもいずれ消えていきます。
誰かが拾うか、どぶの中に入り込んでしまって誰からも見えなくなるかの二つです。
拾われたアルミ缶は再利用される余地が残されますが、どぶの中に入り込んでしまっては誰にも見つけることはできません。
どぶさらいを自ら進んで毎日行おうという方は、あまりいらっしゃらないでしょう。
アルミ缶は便利に使うことができる容器ですが、処分方法を間違ってしまうと街を汚してしまう厄介者に生まれ変わります。

様々なポテンシャルを秘めている

アルミ缶は再利用させてあげることで様々な利用法が見えてきます。
身近に使われているアルミ缶の再利用法から、意外と知らないアルミ缶の製造方法まで様々ご紹介していきます。
町中にアルミ缶を捨てようと思わずに、ちょっと脚を伸ばしてどこかに置いてあるゴミ箱を探しそこに捨てるようになっていただけたら嬉しいです。